img_02

AWSのクラウドを使うメリット

クラウドはインターネットを介して不特定多数に提供されるサービスです。
自社がデータセンターを保有するわけではないので、システム構築のための初期投資が必要ありません。

自社でデータセンターを保有してシステム構築から運用までやろうとすると多くの費用がかかります。
巨額の費用を先行投資しなければならないこと。

BIGLOBEニュースにはこちらのサイトが最適です。

データセンターやサーバを調達するために数ヶ月、下手をすると半年、1年2年とかかってしまうこともあるのです。

また必要なのは開発コストだけではありません。



ネットワークの通信料、サーバの保守費用や電気代、さらには機器が壊れないようにするために空調も必要です。



またシステム利用は常に一定ではありません。しかし常にピーク時の負荷に耐えうるシステム基盤が必要です。
そのためシステム利用の多い少ないにかかわらず、決まった額の費用が必要になり、企業にとっては経営を圧迫する要因にもなっています。

システムを自社で保有するのではなく、必要に応じて利用することができないのか、そんな要望にこたえて作り出されたのがクラウドです。


AWSはAmazon Web Servicesのことです。
料金は従量制で、利用時間や容量、転送量などによって課金されます。
AWSのクラウドを使うメリットは、利用したいサービスを利用した分だけ料金を支払うだけでよいことです。

AWSが世界レベルでは最もポピュラーなクラウドサービスの1つであることは間違いなく、クラウドがどのようなものか試しに使ってみるにもAWSは最も適しているといっても過言ではありません。