img_02

チャペル結婚式の人気のわけとは?

人生を彩る冠婚葬祭のもつ意味は小さくありません。この中で特に「婚」、つまり結婚の儀に対する思い入れはことのほか大きいものがあります。

なぜなら結婚式および披露宴は、おおかたプライベートにであらかじめ準備されるセレモニーだけに、費用や周囲の関係者が許してくれればそこに何人招待しようが会場スタイルをどうしようか、和装か洋装かなど演出に思いの丈をぶち込めるからです。



さて、ところで最近の結婚式はチャペルで行うことが多いようです。
更に言えばホテルや結婚式場に付設されたチャペルの利用が目立ちます。
本来キリスト教の聖域とも言える場所でキリスト教徒でもない日本人カップルが結婚式を自ら演出することはハードルの高いことです。
しかし、徐々にに高まったチャペル結婚式への関心に乗じたシティーホテルがあれこれ魅力ある企画を次々打ち出し人気を不動のものにしました。そこではもはや、キリスト教徒でもないのにとか、文化の違いとか、雇われ神父あるいは牧師だとかをうんぬんする新郎新婦はいません。
ここで結婚式を挙げられる喜びに満たされています。

それでは、古来からあった仏前結婚式や神前結婚式では得られないものとはなんでしょうか。

披露宴の前に式が限られた親族や関係者のみで行われる仏前神前式と違い、チャペルでは後方に知人友人の着席が許されるケースが多く、新郎新婦は粛々と進む式自体を彼らに見てもらえるのです。

BIGLOBEニュース情報が揃っています。

新郎新婦はこの時こそ仲間うちでの主人公です。

チャペルが本来持つ開かれた場所としての持ち味が大いに活かされる瞬間です。

この点が人気の秘密です。



ただ、新婦の手を引き中央祭壇まで歩くことをてれて躊躇する花嫁の父が多少なりともいらっしゃるようです。

一生懸命説得して実現にこぎつけたという話も聞きます。

どんな結婚式でもほほえましいエピソードが隠されているものですね。

神々しいクロスのもと、ふたりの未来をキリスト様は見守っています。